【映画】 紅の豚の登場人物一覧 (キャスト、キャラクター、性格)

ポルコ・ロッソ(Porco Rosso) / マルコ・パゴット(Marco Pagot)


声 – 森山周一郎(青年時代:古本新之輔) 本作の主人公。自分自身に魔法をかけ、口髭をたくわえた豚人間の姿になっている男。通称のポルコ・ロッソは、イタリア語で「紅い豚」という意味。1892年 – 1893年生まれの36歳。17歳の頃から飛行機を乗り回し、イタリア空軍入隊後は大尉まで昇進し、第一次世界大戦ではエース・パイロットとして活躍していた。退役した現在は、全体を艶やかに赤塗りした飛行艇サボイアS.21試作戦闘飛行艇に乗って空賊を相手にする賞金稼ぎとして生きている。嵐の海に落ちた敵パイロットを助けたなどの逸話が伝わっていて、恰幅の良い豚の姿となった今でも女性にモテる人気の飛行艇乗り。自らを豚に変えた理由は明らかでないが、劇中では、国家や民族といった「人間」について回る帰属やしがらみを負って飛ぶ事から距離を置きたがる発言をしている。 賞金稼ぎとして幾多の空賊を撃退し、冒頭の客船襲撃事件の際には、空賊マンマユート団に対してモールス信号で「さもないと皆殺しにしてやるぜ」と脅すなど露悪的な所も見せるが、「戦争ではないから殺しはしない」というポリシーのもと、搭乗員を狙わず機体だけを破壊するような戦法を好む。機動性に優れる戦闘機同士の空戦では「捻り込み」と呼ばれる戦闘機動で敵機の背後を取るのを得意とし、マンマユート・ボスからは「この技でアドリア海のエースになった」と評されている。 普段は無人島のアジトでワインを飲みながらラジオで音楽を聴き、ジタンをくゆらせる気ままな日々を送っている。街に出る時は白い背広に赤いネクタイを着用し、上からカーキ色のトレンチコート姿、ボルサリーノのソフト帽をかぶり、夜中でも黒眼鏡を常用して目元を隠しているが、顔を洗うシーンで素顔を見せている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

マダム・ジーナ(Gina)


声 – 加藤登紀子 ホテル・アドリアーノを経営する未亡人の女性実業家。これまでに三度飛行艇乗りと結婚し、全員と死別している未亡人で、フランス語で「夫人」を意味する「マダム」で通っている。絶世の美女で、空賊を含めた数多くの飛行艇乗りたちのマドンナであり、「アドリア海の飛行艇乗りは、みんなジーナに一度は恋をする」と言われている。 ポルコの昔馴染みで、作中でも数少ない「マルコ」の本名で呼ぶ人物でもある。ホテルには、人間だったころのポルコや仲間達と共に撮影した写真を飾っていて、青春期の回想シーンでは「アドリアーノ」という名の飛行艇に乗り、履いていたスカートが風でめくれてポルコが赤面するシーンも描写された。 ポルコの事を以前から密かに愛していた様子で、豚に変わる魔法を解く方法を求めている。また、「ホテルの一角にある私庭に、昼間ポルコが訪ねて来るかどうか」という賭けをしており、訪ねてきたら、その時こそ彼を愛すると決めている。 軍部を含めて幅広い情報網を持ち、私室には情報収集用の本格的な無線装置も設えているほど。ポルコが生死不明となった際にはいち早く情報収集に動き、賭け試合の際にはフェラーリンの流した情報にもすぐに気付いた。後に、ポルコとの縁でフィオと親しくなる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

フィオ・ピッコロ(Fio Piccolo)

声 – 岡村明美 1912年 – 1913年生まれの17歳。“ピッコロのおやじ”の孫娘で飛行機設計技師。同じく技師である彼女の父親は元空軍パイロットで、大戦中はポルコと同じ部隊に所属していた。アメリカでの修行経験があり、ポルコが愛機の再設計を任せるほどの卓越した才能を持つ。 秘密警察に追われ、復活したサボイアの飛行テストもままならずにミラノを出発しようとするポルコに「自分の仕事に最後まで責任を持ちたい」という理由で無理矢理同行する。カーチスに頼り切りな空賊連合に説教をするほどの度胸があり、カーチスが彼女に一目惚れしたことを利用して、ポルコとの再戦を取り付けた。 再戦の決着後もポルコと行動を共にするつもりでいたが、ポルコは彼女を「堅気の世界に戻してやってくれ」とジーナに預け、自分から遠ざけた。ジーナとはこれを切っ掛けにホテル・アドリアーノに通うほどに親しい友人となる。後にピッコロ社を継ぐ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

ピッコロのおやじ(Master Piccolo)

声 – 桂三枝(現桂文枝 (6代目)) イタリア、 ミラノの飛行艇製造会社「ピッコロ社」(Piccolo S.P.A.)の経営者で、フィオの祖父。ポルコの昔馴染み。 金払いにはシビアだが、面倒見の良い性格。孫娘の熱意と技量を認めており、持ち込まれたサボイアの改設計を担当させる。ふだん設計を担当する三人の息子達は不況の折の出稼ぎで不在で、他の男手も出払っている事から、親戚中の女性を呼び集めて工場を稼動させた。作中では機体全般をフィオに任せ、自らは最も得意とするエンジンチューニングに専念する。 ポルコに「手ぇ出すなよ」と言いつつ、フィオが整備士として同行することも快諾しており、年頃の女性と2人きりになる状況を、むしろポルコの方が気にしていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

マンマユート・ボス(Mamma Aiuto Boss)

声 – 上條恒彦 大きな赤鼻に髭面、飛行帽にゴーグルが特徴の、空賊マンマユート団の首領。マンマユート団は、直訳すると「ママ助けて団」であるが、原作『飛行艇時代』によると「ママ怖いよ団」という意味だという。メインキャラクターの一人だが正式な名前は設定されておらず、エンディングテロップにおいても「マンマユート・ボス」とクレジットされている。直情的で荒っぽいが、落ち度を指摘されれば素直に認める潔さを持っている他、人情に厚く部下からも慕われており、女性に弱く子供には優しい。また経緯は不明だが、ポルコの過去を知る数少ない人間の一人でもある。 率いるマンマユート団は客船襲撃に金品の強奪、児童誘拐にも手を染める悪党だが、「仲間はずれが出たら可哀想」という理由で幼い子供達を全員攫っていき、怪我をさせないよう持て余すなど、どこか抜けた所もある。 空賊連合とは距離を置いて一匹狼を気取っていたが、ポルコの活躍で仕事は捗らず資金不足に陥っている。修理費はおろか塗装代にも事欠く有様で、不本意ながら連合と仕事を共にする。愛機を修復し復帰したポルコを集団で待ち伏せ、私刑にかけようと息巻くものの、アドリア海の飛行艇乗りの心意気を説くフィオに感激し、カーチスとの再戦を取り仕切る事になった。 ラストシーンでもスーツ姿で登場し、アドリアーノに来ている様子が描かれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

ドナルド・カーチス(Donald Curtis)

声 – 大塚明夫 アラバマ生まれのアメリカ人で、祖母はイタリア人のクォーターらしい(1850年代に南イタリアからアメリカへの移民が多かった時代背景がある)。ディズニーから発売されたアメリカ版では、テキサス出身となっているという。愛機はカーチス R3C-2をモデルとした架空機カーチス R3C-0非公然水上戦闘機。空賊連合が雇った用心棒で、ポルコのライバル。パイロットとしての実力はポルコも認めるほど高い。気障な伊達男を気取っているが、コミカルな所も多い憎めない二枚目半。惚れっぽい性格で、違ったタイプの美しさを持つジーナやフィオを次々口説くも、ことごとく玉砕する。後日、アメリカに帰国し西部劇の主演俳優となる。空賊の用心棒や映画俳優は、あくまでも人生の最終目標への布石である。カーチス主演のポスターは、ロナルド・レーガン大統領の主演映画のレイアウトを踏襲している。原作『飛行艇時代』ではドナルド・チャックと名乗っており、「カーチス」は愛機にちなんだニックネームとなっている。また、空賊の用心棒となる展開自体は変わらないが、中盤で戦闘する相手は豪華客船の用心棒ではなくイタリア空軍のパトロール部隊であるなど、多少の差異が見られる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

フェラーリン(Ferrarin)

声 – 稲垣雅之 ポルコの元戦友で、現在はイタリア空軍の少佐。ジーナと共に作中においてポルコを本名で呼ぶ数少ない人物である。モデルは、アルトゥーロ・フェラーリンであるが、アルトゥーロ・フェラーリン本人として描写されているかは明確でない。 ポルコの身を心配し、空軍復帰を勧めている。ピッコロ社から飛び立ったポルコに抜け道を教えたり、無線で空軍の動きをジーナに伝えたりと、密かにポルコやジーナに協力しているため、空軍はポルコを捕らえられずにいる。彼はポルコが軍人になってからの同僚であり、幼馴染ではないため、ホテル・アドリアーノ内に掛けてある少年時代の古い写真には写っていない。ジーナとのやりとりも劇中では無線のみで、いつ頃知り合ったのかは描写されていない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

空賊連合(Aero Viking Association/Band of air pirates)

主にアドリア海を縄張りとする空賊団で構成されたギルド。大きな獲物を狙う場合など、時に協力して「仕事」を行う。持ち回り制で組合長もいるが、実際は単なる空賊団同士の寄り合いの向きが強い。 作中では7団体が加盟していて、原作「飛行艇時代」43ページの記載によれば、マンマユート団は加盟こそしていないが、特に対立もしていないことも劇中のボス達の密談で判明する。それぞれの空賊団の構成員達は、そのボスと瓜二つである。 彼らの共通のマドンナはマダム・ジーナであり、屈強な彼らも彼女の前では子供扱い。また彼女の店の半径50km以内では仕事はしないらしい。同様に彼らの共通の敵は賞金稼ぎのポルコ・ロッソである。 映画パンフレットによると、それぞれの空賊のボスはAがフランス人で左目に眼帯をした男。Bがスイス人で小柄の黒髪な男。Cがシシリー人でモヒカン刈りをしている男。Dがノルマンの末裔で背が高く左頬に傷痕がある男。Eがプロヴァンス人で禿頭に傷痕がある男。Fがオーストリア=ハンガリー帝国の元貴族で眉間に三日月状の傷痕があり老眼鏡を掛けている男。Gがクロアチア人で顎髭のある茶髪の男。 劇中では、Aが空賊連合組合長。ポルコとカーチスのボクシングのレフェリーを務めたのがC。 イメージボードには、一番大きい飛行艇を使っているのがF、一番零細企業がGと表記がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅の豚#登場人物

未分類

Posted by wpmaster