【アニメ】 名探偵コナンの登場人物一覧 (キャスト、キャラクター、性格)

2019年9月16日

イーサン・本堂(イーサン・ほんどう)

声 – 小山力也 CIAの諜報員。日系2世のアメリカ人で、本堂瑛海・瑛祐の父親。 30年前にCIAへ入局して3年後に日本へ入国し、結婚した。同じくCIAの娘・瑛海や仲間のバーニィと共に組織への潜入捜査を行っていたが、4年前に瑛海の正体が組織に知られることを防ぐため、彼女に拳銃を握らせ、「諦めるなよ…瑛海、待ち続ければ必ず、味方が現れる」「俺の代わりに任務を全うしろ!!」という言葉を遺し、自決した。 もしもの場合に備えた準備、とっさの機転など諜報員としての能力は高い。潜入中には、ボスへ直接メールを送ることもあった。 名前の由来は映画『ミッション:インポッシブルシリーズ』の主人公であるイーサン・ハントから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

バーニィ

声 – 木村雅史 4年前、イーサン・本堂や瑛海と共に、黒の組織への潜入捜査を行っていたCIA諜報員。イーサンの新しいつなぎ役となる予定だったが、瑛海のミスが原因でイーサンが死亡してしまう。その直後に現場へ駆け付けたが、そこでジンとウォッカの存在に気付いて自決した。 名前の由来はドラマ『スパイ大作戦』の登場人物であるバーニー・コリアーから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

あの方 / 烏丸蓮耶

組織のボス。名前は昴と優作の推測により烏丸蓮耶であることが明らかになったが、名前以外の情報は2019年現在もほとんど不明のままである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

ラム (Rum)

声 – 不明 組織のNo.2で、あの方の側近。赤井曰く「ジン以上の大物」で、現在は密かに暗躍していることが語られるが、片方の目が義眼と言うこと以外、現時点では詳細不明。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

ジン (Gin)

声 – 堀之紀、演 – 佐々木蔵之介 組織の中枢を担う幹部。新一にAPTX4869を飲ませ、幼児化させた張本人。冷静沈着で頭が切れ、銃器の扱いに長ける。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

ベルモット (Vermouth) / シャロン・ヴィンヤード (Sharon Vineyard)

声 – 小山茉美 組織の女性幹部で、正体と本名はハリウッドにてアカデミー賞を受賞した世界的大女優のシャロン・ヴィンヤード。ジンも一目置いている実力者で、「あの方」のお気に入り。20年前から肉体の老化が見られないことを世間に知られないよう老けメイクを続けた後で死んだと偽り、素顔で活動時はハリウッドで活躍する人気二世女優(シャロンの娘として)・「クリス・ヴィンヤード (Chris Vineyard)」と称している。組織の中で、コナンと灰原の正体を知っている唯一の人物。「千の顔を持つ魔女」と称される変装の達人。毛利蘭を「エンジェル」「宝物」と呼び見守っている。バーボンに何らかの「秘密」を握られているが、内容に関してはまだ明らかになっていない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

ウォッカ (Vodka)

声 – 立木文彦、演 – 岡田太郎 ジンの舎弟分で、組織の幹部。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

キャンティ (Chianti)

声 – 井上喜久子 腕利きのスナイパー。スナイパー仲間のカルバドスを見捨てたベルモットを嫌っている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

コルン (Korn)

声 – 木下浩之 腕利きのスナイパー。キャンティと同様に、スナイパー仲間のカルバドスを見捨てたベルモットを嫌っている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

宮野 明美(みやの あけみ)

声 – 玉川紗己子 宮野志保(灰原哀)の姉。仕事を成功させれば妹と2人で組織から抜けさせるという約束を反故(ほご)にされ、ジンに殺害された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

宮野 エレーナ(みやの エレーナ)

声 – 鈴木弘子(第329話 – 第771話)→ 林原めぐみ(第952話 – ) イギリス人で宮野明美・志保の母親。組織に所属していた科学者で、数年前に事故死したとされている。組織の関係者からは「ヘル・エンジェル(地獄に堕(お)ちた天使)」と呼ばれていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

宮野 厚司(みやの あつし)

声 – 中村悠一 宮野明美・志保の父親。学会を追放されたマッドサイエンティスト。妻のエレーナと共に事故死したとされている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

妃 英理(きさき えり)

声 – 高島雅羅、演 – 大塚寧々 「法曹界のクイーン」と呼ばれるほどの敏腕美人弁護士。毛利蘭の母親で、別居中である毛利小五郎の妻。小五郎の名前に由来する「ゴロ」という猫を飼っている。小五郎と仲直りしたいと思っているが、お互いに素直になれないでいる。 小五郎との別居の原因は劇場版第2作『14番目の標的』で明らかにされている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

栗山 緑(くりやま みどり)

声 – 百々麻子 妃法律事務所で妃英理の秘書兼事務員を務める女性弁護士。当初は劇場版第2作『14番目の標的』にアニメオリジナルのゲストキャラクターとして登場し、「秘書」と設定されただけで名前はなかったが、劇場版第4作『瞳の中の暗殺者』で再登場した際に名前が設定され、その後の原作・アニメオリジナル作品にも逆輸入されて登場するようになったキャラクターの1人(登場する場合は大抵、英理とセット)。名前を呼ばれる際には「栗山さん」と呼ばれている。 秘書としての業務に励む一方、普段はクールな英理が小五郎から連絡があるたびに感情的になって右往左往する姿を観察しては、「また旦那からか」とひそかに楽しんでいる。 劇中では英理から洋服やアクセサリーのセンスを褒められている。また、事務所を訪れた蘭やコナンに優しく接してジュースを出すなど、面倒見(めんどうみ)の良さも描かれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

九条 玲子(くじょう れいこ)

声 – 松本梨香 アニメ「法廷の対決」シリーズに登場するオリジナルキャラクター。東京地方検察庁きってのエリート女性検察官。33歳。 「法曹界のクイーン」と呼ばれる妃英理に対し、「検察のマドンナ」と呼ばれている。過去には検察庁特捜部に勤めていた。 優れた頭脳と抜群の法廷戦術を駆使して勝利を重ね続けるため、弁護士の中には玲子との対決を敢(あ)えて避ける者も出ている。また、公判での連勝記録を更新し続ける英理にとっては理解者ともライバルとも呼べる存在であり、ときには隠し玉さえ用意するその強烈なライバル意識から英理が窮地に追い込まれるなど、2人の間には激戦が繰り広げられている。 シリーズ3作目ではそれまでセミロングだった髪型がロングヘアになったり顔立ちがかなり若返って口紅も付けていないなど、容姿が大きく変更されていたが、4作目では2作目までと同様の容姿へ戻された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

未分類

Posted by wpmaster