【アニメ】 名探偵コナンの登場人物一覧 (キャスト、キャラクター、性格)

2019年9月16日

千葉 和伸(ちば かずのぶ)

声 – 千葉一伸 / 愛河里花子(少年時代) 警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の巡査部長。短髪・童顔・肥満体型の青年。年齢は24歳。初期の愛車は3代目フィアット・500だったが、途中で日産・GT-Rに買い換えている。高木刑事と同様、アニメから原作にも登場するようになった。目暮警部の部下の中で唯一スーツを着用せず職務に服している。高木の後輩であり、彼に対して敬語で会話している。 帝丹小学校の出身で、小林先生の2学年下。学生時代は柔道を選択。兄はレンタルビデオ店で働いていた。 特撮マニアで、仮面ヤイバーの大ファン。他に、美少女探偵マンガ『ラブリーミステリー』にハマっている。部屋が汚かったり、よく遅刻したりするなど少々ずぼらで、家の時計は遅刻しないように少し進めている。花粉症の薬を服用している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

白鳥 任三郎(しらとり にんざぶろう)

声 – 塩沢兼人(第146話 – 第157話、劇場版第1作 – 第4作)→井上和彦(第205話 – 、劇場版第5作 – ) / 本田貴子(少年時代) 警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の警部。国家公務員I種試験合格を経て警察庁入庁のキャリア組。 劇場版第1作『時計じかけの摩天楼』で容疑者の1人として初登場。元々は劇場版オリジナルキャラクターだったが、後に原作・アニメにも登場するようになった。米国版での名前はNinzaburo Santos(ニンザブロー・サントス)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

小林刑事(こばやしけいじ)

声 – 布目貞雄 警視庁刑事部捜査一課の刑事。本名は不明で、階級も不明。 無精ひげを生やしている。アニメオリジナルキャラクターで、原作には未登場。初登場となった劇場版第3作『世紀末の魔術師』では被害報告をしていた。アニメ第181話「赤い殺意の夜想曲(後編)」では、高木刑事の代わりにコナンに頼まれトリックの演技などをしている。アニメ第322話「消えた誘拐逃走車(後編)」以降登場していない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

横山刑事(よこやまけいじ)

声 – 井上隆之 警視庁刑事部捜査一課の刑事。本名は不明。 千葉に似た雰囲気を持っている。アニメオリジナルキャラクターで、「本庁の刑事恋物語」や「本庁の刑事恋物語2」などに登場している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

弓長(ゆみなが)

声 – 徳弘夏生 警視庁刑事部捜査一課火災犯捜査係の警部。 小五郎が火災犯係に所属していた当時の上司。無精ひげを生やし、タバコがトレードマークのハードボイルドな刑事。「一課の火事オヤジ」と呼ばれている。厳(いか)つい外見とは裏腹に頭が切れるうえ、子供にも落ち着いて接したり、ふざけた理由で放火した犯人を厳しく一喝したりするという、情に厚い人格者である。小五郎とは、彼が火事を放火と決めつけては現場に踏み込み、遺留品を踏み荒らしてしまうため、何度も消防署から文句を言われた仲である。 一度だけアニメオリジナルストーリーにてやや短絡的な面も描かれたことがあり、その時だけは事件現場でむやみに口を挟むコナンを叱ってつまみ出そうとしていた(コナンの意見を全否定していたわけではない)。また、果実酒にも詳しいことが描かれており、ナレフカの名を聞いただけでアルコール度数96%のスピリタスに果物を漬け込んだものであることなどを把握している。 名前の由来は中国・三国時代の人物である張飛。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

松本 清長(まつもと きよなが)

声 – 加藤精三 警視庁刑事部捜査一課の元管理官。階級は警視→警視正。54歳。 目暮警部ら捜査一課メンバーの上司。終始厳しい面持ちの顔に20年前の事件で負った傷があるため、ヤクザのようにも見えるが、内面は警察官の鑑(かがみ)そのもので、正義感がとても強い。小五郎に事件を解決されるたびに肩身の狭い思いをしているらしく、彼からは「警視殿」と呼ばれている。また、目暮の帽子の秘密を知っていた人物でもある。その後、人事異動により刑事部管理官を退いたことと、警視正への昇格が黒田新管理官によって明かされたものの、異動先の部署や役職は作中では明示されずに登場しなくなった。 ビートルズ世代で、「Let It Be」の曲に関して因縁のある事件によって顔に傷を負ったり、ビートルズに関係した暗号で助けを求めたりしている。 妻には先立たれており、残る家族は帝丹中学校の音楽教師にして新一・蘭・園子の恩師である娘の小百合(さゆり、声 – 岡本麻弥)のみで、彼女が襲われた事件では、松本警視にとって犯人とのとある悲しい過去が明らかになっている。名前の由来は松本清張。米国版での名前はKiyonaga McLaughlin(キヨナガ・マクローリン)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

茶木 神太郎(ちゃき しんたろう)

声 – 田中信夫 警視庁刑事部捜査二課の警視。49歳。 怪盗キッドを追っており、彼からの予告状が届いた鈴木家に警備のため、警視庁から派遣された。二課に配属された部下の中森には手を焼いている。 捜査一課の刑事だった頃から小五郎とは顔見知りだが、彼の見当はずれな推理を真に受けて信じ込むなど、コミカルな役回りが多い。 『名探偵コナン』で初登場したキャラクターであるが、後に『まじっく快斗』本編にも登場。 名前の由来はブラウン神父から。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

百瀬(ももせ)

声 – 塩屋浩三 警視庁刑事部捜査三課の警部。もじゃもじゃ頭に糸目、あごがしゃくれているのが特徴。 温厚な性格で、子供であるコナンの意見も素直に取り入れる。情に厚い面もあり、犯人が自身の事情から起こした狂言強盗を「これを事件にしていたら署長に雷を落とされてしまう」と言って不問にしたことがある。 名前の由来は桃の節句から。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

小田切 敏郎(おだぎり としろう)

声 – 中田浩二 警視庁刑事部部長。階級は警視長。56歳。左利き。小五郎の刑事時代の上司で、当時は捜査一課課長であった。 劇場版オリジナルキャラクター。初登場となった劇場版第4作『瞳の中の暗殺者』では息子の敏也(としや、声 – 江川央生)に事件への関与疑惑が懸けられるなど、容疑者の1人となる。その後の劇場版シリーズにも登場している。「真実を明らかにするのが警察官」という信念の持ち主で、犯罪者であれば息子でも容赦しない。 名前の由来は戦国時代の武将の織田信長。キャラクター原案は青山剛昌が担当した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

トメさん

声 – 中嶋聡彦 警視庁刑事部鑑識課の鑑識官で、眼鏡をかけた中年の男性として描かれるアニメオリジナルキャラクター。一時期は原作に存在するエピソードでも、モブの鑑識官の該当シーンはアニメで全てトメさんが担当していた。原作には未登場だが作者公認で、のちに小説版にも登場するようになった。「(鑑識課の)トメさん」と愛称で呼ばれているが、本名(フルネーム)は不明。事件現場でよく会うコナンを厄介者扱いにせず、優しく接する。 好きなものは江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズらしく、事件現場での台詞からはコナンを小林少年と重ねて見ていることがうかがえる。 アニメ第654話「毒と幻のデザイン(Poison)」以降は登場していないが、「コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー」(第804-805話・アニメオリジナル)では、白鳥警部の発言から事件現場に来ていた事は示唆されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

宮本 由美(みやもと ゆみ)

声 – 杉本ゆう 警視庁交通部交通執行課の婦警。階級は警部補。 強行犯係から組織犯罪対策部に至るまで交友関係が広く、彼らとの合コンセッティングや徹夜麻雀などに明け暮れる、たくましいオヤジ系女子。佐藤とは学生時代からの友人であり、佐藤と高木の恋愛の発破をかける役でもあった。2匹の犬(スタとハチ)を飼っている。最近まで自覚していなかったが、重度の猫アレルギー持ちである。 佐藤の人気を利用し、ほぼ詐欺に等しい巧妙な手口でアクセサリーを入手することもある。周囲の男女に次々とロマンスが訪れていることに焦りを抱いていた時期もあったが、大学時代に羽田秀吉と交際していて、一度は彼の子供っぽい性格と煙(けむ)に巻く言動に愛想を尽かして一方的にフッていた。しかし、自身が人質となった誘拐事件を解決した彼を名人戦に送り出す際に口づけを交わし、交際を再開しつつある。後に王将戦のニュースを偶然見たことでようやく秀吉が棋士であることを知り、タイトルを落として意気消沈する彼を叱咤激励(しったげきれい)したうえで七冠制覇を待つことになった。六冠の状態にある秀吉を「叡王」を取れば七冠であると丸め込んだ様子。 コナンの推理力を高く買っており、彼の推理に完全に頼っている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

三池 苗子(みいけ なえこ)

声 – 田中理恵 警視庁交通部交通執行課の婦警。階級は巡査部長。年齢は24歳だが、小学生の頃からしているツインテールの髪形もあって中学生にも見えると千葉から指摘を受けている。猫目が特徴。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

松田 陣平(まつだ じんぺい)

声 – 神奈延年 元警視庁刑事部捜査一課強行犯三係。 物語開始の3年前に強行犯三係へ配属された孤高の刑事で、風貌は高木刑事に似ている。携帯電話でメールを素早く打てるほど手先は器用。 強行犯三係への配属前は警視庁警備部機動隊の爆発物処理班に所属していたが、物語開始の7年前に発生した爆弾事件で親友の萩原研二を亡くしたため、爆弾事件を担当する特殊犯係に転属を希望するも、頭を冷やしたほうがいいと判断した上層部によって強行犯三係へ回された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

佐藤 正義(さとう まさよし)

声 – 大川透 元警視庁刑事部捜査一課強行犯三係の警視正(殉職で2階級特進、生前は警部)。 佐藤刑事の父親で、高校時代は野球部の主将を務めていた。物語開始の18年前、殺人犯を追跡中にトラックにはねられて死亡した。32歳没。その際に遺した謎の言葉から、この事件は「愁思郎」事件としてマスコミに報道され、迷宮入り寸前の様子は世間でも有名になっていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

萩原 研二(はぎわら けんじ)

声 – 三木眞一郎 元警視庁警備部機動隊隊員。 松田陣平の親友であり、同じ爆発物処理班に所属していた。物語開始の7年前に発生した爆弾事件で、松田とともに別々の場所に仕掛けられた爆弾の処理を担当していたが、解体が間に合わず爆発に巻き込まれて死亡した。 原作では当初、目暮警部の説明に名前が登場するのみであり、容姿・台詞はアニメで新たに描かれることになった。後に原作でも警察学校時代の容姿が描かれている。 スピンオフ作品『ゼロの日常』第7話で降谷零(安室透)と警察学校の同期だったことが明かされる。 名前の由来はバンドPYGのメンバーで俳優でもある萩原健一と沢田研二から。

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナンの登場人物

未分類

Posted by wpmaster