【映画】 トイストーリーの登場人物一覧 (キャスト、キャラクター、性格)

ビッグ・ベビー

ソフトビニール製の赤ちゃん人形。開閉する青い目とミルク飲みの仕掛けがある。サニーサイドにくる以前からのロッツォの仲間。身長約46cmなので他のおもちゃより比較的大きく夜中はサニーサイドから脱走するおもちゃを捕まえ、外の砂場のカゴまで放り込む役割を持つ。落書きされ、片目の瞼が常に半分閉じたままなど、『1』におけるシドのミュータント・トイを思わせるキャラクター。 元の持ち主であったデイジーのことを「ママ」と呼び、彼女を今でも忘れられず、信じている。ウッディからデイジーとはロッツォの自分勝手な嫉妬心によって意図的に遠ざけられていた真実を知らされ、自分が以前持っていた彼女の名前入りペンダントをウッディから渡されたこととロッツォにペンダントを杖(ハンマーの柄)で壊された上、彼女を侮辱されたことに怒り、彼を持ち上げ、ゴミ置き場のごみ箱へ放り込んだ。この時の反乱がケンと共にロッツォ一味のメンバーを改心させ、ロッツォの支配を終わらせるきっかけを作った。その後、ゴミ収集車から逃げようとするウッディ達を手助けした。 EDでは砂場でミルクを飲んだり、ケンとバービーをダンスパーティーで持ち上げて回ったりする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

ストレッチ

声優 – ウーピー・ゴールドバーグ/片岡富枝 壁に投げるとつたいながら降りてくる紫色のタコのおもちゃで、ゴム製で伸縮できる。ロッツォ一味の紅一点。その触手で他のおもちゃを捕まえることを得意とする。人間と同じような顔であるため、他のサニーサイドのおもちゃより表情が確実に分かる。終盤、ロッツォにウッディたちをごみ箱に落とすよう指示されるが、逆らいはしなかったものの、最も間近でウッディやケンの説得を聞くにつれて躊躇する様子が描かれている。指示がなければウッディ達に危害を加える意志は一切なく、ロッツォがごみ箱に落とされた後はビッグ・ベビー達とは同行せず、そのままスロープから出て行った。 ロッツォがいなくなってからは改心し、EDではケンが書いたウッディやバズたちへの手紙をボニーのバッグに入れた。 DVDの特典映像に登場する構想図を見ると、当初はロッツォ一味としてデザインされていなかったことがわかる。逆にロッツォ一味の中にバターカップが描かれており、バターカップとポジションが交替されたと思われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

チャンク

声優 – ジャック・エンジェル/石井隆夫 ゴーレムのようなおもちゃ。ロッツォ一味の一人。顔がローラー状になっており、ボタンを押すと表情が変わる(青い目の親しげな顔と、赤い目の怒った顔に変わる)。 ロッツォがいなくなった後は改心し、トゥイッチと協力してイモムシ組の子供たちのメイン相手をしている。EDでは、男の子の相手役としており、途中でトゥイッチとバトンタッチしていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

トゥイッチ

声優 – ジョン・サイガン/我孫子令 昆虫人間のようなおもちゃ。筋肉質。ロッツォ一味の一人。 ロッツォがビッグ・ベビーに躊躇いなく暴力を振るう姿には動揺し、ごみ箱に放り込まれる彼を助けようとしなかった。 ロッツォがいなくなってからは改心し、チャンクと協力してイモムシ組の子供たちのメイン相手となる。EDでは、男の子の相手役としてチャンクとバトンタッチする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

スパークス

声優 – ジョン・ラブソン/桜井敏治 ロボットのおもちゃ。動くと胸から火花が散る。LEDの赤く光る目を持っている。ロッツォ一味の一人。 ロッツォがビッグ・ベビーに躊躇いなく暴力を振るう姿には動揺し、ごみ箱に放り込まれる彼を助けようとしなかった。 ロッツォがいなくなってからは改心し、イモムシ組の子供たちの遊び相手となる。EDでは、女の子が彼を持って歩いている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

チャターフォン

声優 – テディ・ニュートン/山路和弘(予告編では東地宏樹) ひもを引っ張ると目が上下する電話機のおもちゃ[13]。サニーサイドの古株で、イモムシ組のおもちゃでありながら、隠れることで数年経ってもも壊れることなく生き延びている。受話器を通して話をする。ハンズフリーでも会話が出来る。 ウッディがサニーサイドに戻ったとき、警備が厳しくなったことや、深夜のサニーサイドの状況を彼に伝えた。ウッディたちの脱走計画に助力する。一度はロッツォ一味に捕まり、拷問されて白状してしまい、ウッディにその事を謝罪した。EDの時点で修理を施されて元気になった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

ブックワーム

声優 – リチャード・カインド/多田野曜平 ベッドサイドでの読書を助ける眼鏡をかけたイモムシのおもちゃ。図書室の主で、各種おもちゃの説明書も管理している。バズの説明書は言語版は英語表記、吹き替え版仕様の日本語表記ではなく、スペイン語の表記となっており、語学にも長けている様子。 ロッツォの支配下にあるが、あくまで中立の立場を保ち、バズを元に戻すためにケンの服で変装し、彼の取扱説明書を取りに行ったバービーの正体を知りながらも、彼女を見逃した。 EDではダンスパーティーのミラーボールの照明を担当した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

声優 – フランク・ウェルカー 受付に飾られている、シンバルをもった猿のおもちゃ。ロッツォ一味の一人で、夜間に脱走しようとするおもちゃたちを監視カメラのモニターで見張り、威嚇でシンバルの音で通報する役目を持つ。 ウッディ達の脱出計画の際にスリンキーによって、テープでぐるぐる巻きにされ、机の下の引き出しにしまわれた。 ロッツォがいなくなった後は改心したものの、監視は続けており、EDではサングラスを着用し、監視をしながらノリノリでシンバルを叩いている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

びっくり箱

声優 – リー・アンクリッチ/中多和宏 サニーサイドにいるおもちゃの一人。英語版ではリー・アンクリッチ監督自ら声を担当する。 その他にも『カーズ』に出ていたマックィーン、レッド、ハイファー(牛)に似たミニカー、『バグズ・ライフ』のフランシスのようなプルバックカー、『ファインディング・ニモ』のエイ先生、短編『ルクソーJr.』のボール、短編『ティン・トイ』のベッドの下のおもちゃ、緑色の髪をしたトロールのおもちゃなども見られる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

ミスター・プリックルパンツ

声優 – ティモシー・ダルトン/落合弘治 チロル地方のレーダーホーゼンを着たドイツ製のハリネズミのぬいぐるみ。演劇にあこがれており、舞台俳優を気取っている。ごっこ遊びでは役になりきっており、ボニーがいなくなっても積極的に動こうとしない。EDでは『ロミオとジュリエット』のロミオ役に挑む。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

バターカップ

声優 – ジェフ・ガーリン/ふくまつ進紗 ユニコーンのぬいぐるみの男の子。EDではハムと仲良くなる。 DVDの特典映像に登場する構想図を見ると、当初はロッツォ一味としてデザインされていたことがわかる。逆にロッツォ一味の中にストレッチが描かれておらず、ストレッチとポジションが交替されたと思われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

トリクシー

声優 – クリスティン・スカール/許綾香 レックスと同じメーカーの製品である青いトリケラトプスの女の子。パソコンを操作でき、夜中にボニーの母のコンピュータで、近所に住む恐竜のおもちゃとこっそり連絡を取り合っている。EDではゲーム好きのレックスと仲良くなり、一緒にネットゲームをしていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

ドーリー

声優 – ボニー・ハント/田中敦子(『3』の予告編では高橋理恵子) 紫の髪をした女の子の布製ぬいぐるみ。ボニーの遊びでは主に悪い魔女の役になる。EDではウッディとスリンキーと一緒にボニーの描いたおもちゃたちの絵を観ていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

お豆3兄妹

声優 – チャーリー・ブライト、アンバー・クローナー、ブリアンナ・メイワンド/大谷咲葵、松本航輝、古口貴子 ジッパー付きの莢に収まっている枝豆のぬいぐるみ。左から順に兄と妹2人。クッションとしても使用可能。EDではミスター・ポテトヘッドの体の中に入り、パーツを落とすイタズラをしていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

チャックルズ

声優 – バド・ラッキー/小林尚臣 ピエロの人形。元の持ち主はデイジーで変心前ロッツォ、ビッグ・ベビーの昔仲間。ボタンのひもが一本欠損している。 かつては変心後のロッツォやビッグ・ベビーと共にサニーサイドにいたが、イモムシ組で無い子供に壊され捨てられる直前にボニーが家に持ち帰って修理した。現在のロッツォによるサニーサイドの支配を快く思っていない。 以前の持ち主であるデイジーのペンダントを今でも持っていて、これを過去を知ったウッディがサニーサイドに持っていき、ロッツォの支配を終わらせるきっかけとなった。過去を引きずっているためにボニーが前にいない限りは暗い表情をしていたが、EDでウッディに「かっこいいじゃないか」と言われ、自分の絵を見ると笑顔に戻ることができた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

未分類

Posted by wpmaster