【アニメ】 ドラえもんの登場人物一覧 (キャラクター、声優、性格など)

ムク

声 – 玄田哲章(1981. 12)→青木和代→たてかべ和也(-2005. 3)→高戸靖広(2007.5) ジャイアンの飼い犬。雑種犬。かつて小犬の頃、土手橋の下で捨てられている所をジャイアンらに拾われて以来、剛田家の一員として生活を共にするようになった。 獰猛な性格で、人からとった物を自分の宝物としてため込んだり、所構わず立ち小便をしたり、他人の飼い犬を痛めつけたりなどと、飼い主のジャイアンに似ているところもある。しかし、スネ夫の飼い猫・チルチルに対しケンカを売るも逆に買われ、怯えて逃げ出したこともある。飼い主であるジャイアンのことは大好きで、彼を守るためにライオンと一対一で決闘するという、先述の臆病振りとは結びつけ難い勇気を見せたこともある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

ジャイアンのおばさん

原作では3巻に登場。ジャイアンの母の妹(ジャイアンの母を姉さんと呼び、容姿も似ている)。姉同様、腕っ節と気が強くジャイアンも頭が上がらない。ジャイアン自身「オレの苦手なおばさん」と発言している。のび太との初対面時には「サル」と呼ばれて怒ったが、きび団子を全部渡されると途端に機嫌をよくした。その後、のび太をいじめていた甥を見咎め、無理やり土下座させて謝らせた。ペットに犬のポチを連れている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

ジャイアンのおじさん

柔道十段の腕前でジャイアンから尊敬されている。十年ぶりに甥の住む町を訪れた。他の親族とは違い、性格は温和。しかし強い正義感の持ち主でもある。「強くなりたい」と目先の力だけを求める甥に対し、「本当に強い者は決していばらない。弱い者いじめなどとんでもない」と優しく諭した。しかし甥には曲解されており、「本当に強い人間は、弱い者いじめをする悪者をやっつけるもの」と受け取られてしまった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

ジャイアンのいとこ

剣道三段、柔道五段で、少林寺拳法、合気道、ボクシングも嗜む従兄。花子という恋人がいる。ジャイアンを大人にしたような容姿で、ソバカスが特徴。性格は従弟とそっくりで、暴力や恐怖で脅しつけて従わせようとするタイプ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

ヤサシ

声 – たてかべ和也→木村昴 ジャイアンの息子。通称「ジャイチビ」。外見はジャイアンに似ているが、気が弱く優しい性格。「のび太の100点 25年後の大事件」(2014年5月30日放送)で登場した際には特に名前が呼ばれなかった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

アントン

通称「ジャンボ」。22世紀におけるジャイアンの子孫。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネ夫の母

声 – 高橋和枝(1973)→鳳芳野(1979. 4-1991. 3)→横尾まり(1991. 4-2005. 3)→高山みなみ(2005. 4-) 息子と同様、自慢が好きな性格。スネ夫を「スネちゃま」と呼び溺愛する。ただし怒った時は「スネ夫」と怒鳴ることも。夜遅く帰ってきたスネ夫を家から閉め出したり、家庭教師を何人もつけるなど、しつけや教育に関しては、「テストで100点取らないと家に入れない」など)玉子やしずかの母と同様厳格な面もある。 よくゴルフの素振りや、ジョギング、エアロビクスなどをしている。フランス料理を作るのが得意で、料理の先生に「天才」と称された事もある。宝石のコレクションをしている。眼鏡はかけていたりかけていなかったりする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネ夫の父

声 – はせさん治 →加藤修(現・加藤治)(1973・1979. 4-2005. 3)、緒方賢一(1981. 1)→肝付兼太(1989. 5-1990. 1〈一時期代役〉)→田中秀幸(2005. 6-) 実業家。複数の会社を経営しており、顔が広く、財界に多くの友人を持つ。特に芸能プロダクション筋に強いコネクションがあり、スネ夫の自慢の種になっている。テレビ局の社長と友達らしく、それを見込んだジャイアンがスネ夫に「テレビに出られるように頼んでくれ」と脅しに来たことがある。業種は広告代理店という説があるが、作品中で言明されたことはないためはっきりしない。 別荘やクルーザーを中古で購入した事や、値段が一番安かったからと雨漏りのする軽井沢の貸別荘を借りた事などが作品中で発覚しているため、金に糸目をつけない大金持ちというわけではない。 妻子と似た顔つきで、飼い猫も似ている。スネ夫同様、妻より背が低く、華奢。愛車はポルシェ。骨董品コレクションが趣味。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネツグ

声 – 龍田直樹(1985)→甲斐田ゆき(2006) スネ夫の弟。おじの養子となりニューヨークで暮らしている。顔は似ているものの、性格は兄のスネ夫に似ず素直に育っている。 初期は普通に登場していたが、連載が進むにつれて、作者自身が彼の存在を忘れてしまったのか、スネ夫は一人っ子と設定された。苦肉の策として、スネ夫に弟はいるが養子に出たというエピソードが描かれ、再登場した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネ吉

声 – 井上和彦(1979.6)→二又一成(1984. 6-2005. 3)→緑川光(2000.6)→山崎たくみ(2005.12-) スネ夫の従兄。髪型はパーマ(アフロヘアーの時も)でメガネをかけている。プラモデル・ラジコン・ジオラマの製作、ヨット・スーパーカーの運転からサーフィン、スキューバ・ダイビングと言ったアウトドアもこなす多趣味な大学生である(京都工業大学(『小学4年生』1996年3月号より)。スネ夫同様、猫舌。 スネ夫と非常に仲が良く、全長1.75m・150分の1スケールの戦艦大和のラジコンやクイーン・エリザベス2の大型ラジコンプラモデル・ヘリコプターのラジコン・ガレージキットの戦車・ロボットのラジコン(映画「のび太と鉄人兵団に登場するミクロス)などを作ってあげたり、ジオラマ撮影の極意をスネ夫に伝授したりする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネ夫の曾祖母

声 – 堀絢子(1997)→真山亜子(2012) スネ夫の父の祖母。93歳。 「嘘をつくとエンマ様に舌を抜かれる」「食べてすぐ寝ると牛になる」「親の悪口を言うと口が曲がる」など古い俗信を多用する。そのため、スネ夫や嫁から「今時、そんなの信じている人がいるのか」と馬鹿にされていた。甘いものが大好き。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

チルチル

声 – 瀬那歩美(2005年以降) 骨川家の飼い猫。血統書つきのシャム猫で、スネ夫にそっくりな顔をしている。原作では一時アンナという名前になっていた。性別は不明だったが第2作第2期では、雌の猫にプレゼント送った。 母のダイヤが紛失した際、見つけ出してきたことがある。また、骨川家の庭を荒らしたムクを威嚇で追い出した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネ夫のおじさん

クルーズ客船の船長。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネ樹/スネ太

声 – 肝付兼太→関智一 スネ夫の息子。外見はスネ夫に似ている。名前はドラミちゃん ミニドラSOS!!!ではスネ樹とされているが、アニメ「タイムカプセル」(1987年10月9日放送)ではスネ太と呼ばれている。この他、テレビアニメ第2作第2期「のび太のおよめさん」(2014年8月8日放送)ではスネ太郎という名前の息子もいることになっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

スネ丸

声 – 肝付兼太(テレ朝第一期)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラえもんの登場人物一覧

未分類

Posted by wpmaster