【マンガ】 ドラゴンボールの登場人物一覧 (キャラクター、声優、性格など)

ムラサキ曹長

声 – 青野武、飛田展男(『ドクタースランプ』、『ドラゴンボールヒーローズ』) マッスルタワーの4階を守る忍者。悟空も少々驚くほどの忍耐力を持ち合わせており、数々の忍術を使う。「実体のある分身の術」で悟空を翻弄するが、実は五つ子の長男で弟たちを参戦させていた。悟空が残像拳を使ったときには、本物の分身の術が使えると驚愕していた。愛刀の名前は名刀「笹錦(ササニシキ)」。刀の持ち方は逆手。エイジ715生まれ。35歳。身長172cm、体重61kg。趣味はテニス、野球、映画鑑賞、嫌いなものはヘビ。得意技は「忍法はすべてこなす!」とのこと。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

人造人間8号

声 – 飯塚昭三 唯一、作品初期のレッドリボン軍編に登場。フランケンシュタインの怪物のような外見をした人造人間。戦いを嫌う優しい性格であり、軍にとっては失敗作である。登場後すぐに悟空と仲良しになり、名前が呼びにくいために「ハッチャン」と名付けられた。この名前は本人も気に入っている[注 2]。体内には爆弾が内蔵されており、ムラサキ曹長は命令に従わないことに腹を立てリモコンで爆破しようとしたが悟空により阻まれリモコンを破壊された。 高い戦闘能力を持っているが戦い嫌いな性格ゆえ、体内の爆弾を爆破しようとしたムラサキ曹長にすら手を出さなかった。しかし、ホワイト将軍が騙し撃ちで悟空を気絶させた際には激しい怒りを見せ、ホワイトを遥か遠くまで殴り飛ばす。ジングル村に落ちていたドラゴンボールを以前外出した際に見つけていたが、ホワイトに渡すと村人が皆殺しにされるので隠し、マッスルタワー壊滅後に悟空に渡す。その親切な人柄を村長に気に入られ、その後はジングル村で村長夫妻と共に住んでいる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ブヨン

声 – 松原大典(『天下一大冒険』) 巨大な肉食の怪獣。マッスルタワーの最上階の床にホワイト将軍が仕掛けていた落とし穴により、悟空と人造人間8号(ハッチャン)が落とされた「謎の部屋」とされる5階で飼育されている。アニメでは目の色は黄色で体色はピンク。イボが沢山付いた皮膚をしており、名前の通りブヨブヨした体型で、攻撃方法は鞭のようにしなる尻尾と頭の触角から放つ電撃。また緑色のベロを伸ばして相手を絡め取り、相手を丸呑みすることもできる。そのブヨブヨした体型により悟空のかめはめ波も含めてどんな攻撃もはね返すため、ホワイトの言葉通り「無敵」かと思われたが、一計を案じた悟空により壁を砕き屋外の冷気を流し込まれ、氷漬けになったところをバラバラに砕かれて倒された。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ブルー将軍

声 – 古川登志夫、島田敏(最強への道)、風間信彦(ドクタースランプ) レッドリボン軍唯一のオカマの金髪碧眼の男性。エイジ722生まれ。28歳。身長181cm、体重69kg。趣味はカラオケ。嫌いなものは女。得意技はタフなこと。 茶色のケピ帽と折詰襟のシャツとネクタイと乗馬ズボンを着用している。超能力の使い手で、金縛りの術で悟空とクリリンの動きを封じたりテレキネシスを使い悟空、クリリン、ブルマらを縄で縛っている。亀仙人の下で修行したクリリンを圧倒し、実力で悟空を何度も追い詰めるなど、幹部の中でも活躍シーンは多く戦闘力だけで見れば事実上レッドリボン軍内ではナンバー1の実力者だった。また、カメハウスに潜入した際には亀仙人にも「気配すら感じさせなかった、恐ろしい奴」と言わしめた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

イエロー大佐

声 – 郷里大輔 虎の顔をした動物型地球人。聖地カリンでドラゴンボールを探す命令を受けていたが、ボラが既にドラゴンボール(四星球)を持っていたために抵抗を受け、発見した後もなかなか手に入れることができず、レッドに見切りをつけられる寸前だった。部下がボラに全員倒され、桃白白を差し向けられることをレッドに宣告されると、ウパを人質にしてボラからドラゴンボールを奪おうとするが、訪れた悟空に飛行機から突き落とされた。 原作やアニメでは1話分しか登場していないが、アニメでは聖地カリンに訪れる前に火山の火口に落ちているドラゴンボールを部下と共に拾うシーンが追加されている。 『ドラゴンボールGT』では地獄から復活する。ブラック参謀、ブルー将軍たちと共に飛行機でサタンを追いかけていたが、パンに撃墜される。あの世に送り返されたとき、プイプイの後ろに並んでいた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

バイオレット大佐

声 – 杉山佳寿子 レッドリボン軍には珍しい女性幹部。髪の色は菫(すみれ)色で紫っぽい色をしている。ブルー将軍が悟空から奪ったドラゴンレーダーを使い、ドラゴンボールを手に入れた。原作ではわずか2コマの登場だったが、アニメでは登場シーンが大幅に追加されている。軍に忠実な様子だった原作に対し、アニメでは形勢が悪くなるとあっさりレッドリボン軍を裏切るなど忠誠心はない。基本的に冷酷な性格だが、怪我をした小猿を救うなど優しい一面も持つ。 原作では悟空が本部に乗り込んだ後の消息は不明。アニメでは軍の金庫から全財産を盗み出し本部から早々と飛行機で逃亡し、それが本部から逃げ出す兵士を生む引き金となっていた。その途中、悟空の救援に向かったブルマたちを乗せた飛行機とすれ違っていた。それ以降の動向は描かれていない。 劇場版『最強への道』では戦闘機で出動するが、悟空に撃墜される。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ドラキュラマン

声 – 戸谷公次(元祖)、藤本たかひろ(ゲーム『突撃!レッドリボン軍』) 1人目の戦士。コウモリに変化できる吸血鬼。エイジ176生まれ。ピッコロ大魔王編の時点で34歳。身長168cm、体重51kg。職業は闘士。趣味はコウモリの飼育。嫌いなものは献血。得意技は吸血。おいしい血がめったに吸えないことを嘆いている。クリリンを負かすが、ニンニクと十字架が苦手という弱点を付いたウパとプーアルのタッグに敗れる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

スケさん

声 – 大竹宏 2人目の戦士の透明人間。自分を認識できないヤムチャを一方的に痛めつけるが、クリリンの機転で着色して姿が見えるようになり、ヤムチャの狼牙風風拳で逆転負けする。アニメでは占いババの指示で、悪魔の便所がある建物の隠し部屋に招き入れられた悟空に料理を運んだ。 名前の由来は透けているから。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ミイラくん

声 – 飯塚昭三 3人目の戦士で、通称「闘う干物ミイラくん」。エイジ紀元前50年生まれ。年齢は800歳以上。身長194cm、体重103kg。職業は闘士。趣味は裁縫。嫌いなものは風呂。得意技は包帯投げ。大柄で怪力を武器にするタイプと思いきや、スピードも非常に速く、亀仙人も驚愕するほど。包帯を使ったトリッキーな闘いも見せ、スケさんを倒した相手でもほとんどが彼の前に敗れるという。悪魔の便所においてヤムチャを実力で圧倒して勝利し、亀仙人に「今までの悟空ではおそらく勝てまい」とまで言われたが、悟空にはあっさり敗れる。アニメでは包帯で体を締め付ける技で悟空を苦しめる場面がある。 『Z』第285話ではアックマンと共に登場し、悟空の元気玉に協力していた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

アックマン

声 – 池水通洋 地獄生まれの悪魔族。身長2mくらい。職業は闘士。趣味はショッピング。嫌いなものは天使。もっと儲けたら地獄に戻りたいと思っている。マージョンという名の姉がいる。「魔族」とは全くの別種。天下一武道会で二度の優勝経験がある実力者で、ババの試合では最後の5人目を務めるが、悟空たちの挑戦時には育ての親である孫悟飯に5人目を譲り例外的に4人目として登場した。基本は肉弾戦だが、物体出現魔術で槍を召喚して闘うこともある。相手の悪の心を増幅させて爆発させるアクマイト光線が切り札だが、悪の心を全く持たなかった悟空には通用していない。悪魔の便所で悟空と対戦するが敗れる。 『Z』第285話ではミイラくんと共に登場し、悟空の元気玉に協力していた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

桃白白(タオパイパイ)

声 – 大塚周夫(元祖)、岸野幸正(Z170話 – 174話と、その直後に発売された一部のゲーム作品) 亀仙人のライバル・鶴仙人の実弟。レッドリボン軍が雇う世界一の殺し屋。一度悟空に敗れ、サイボーグ化して、数年後に天下一武道会に登場するが天津飯に倒される。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

鶴仙人

声 – 永井一郎 亀仙人のライバルで、かつて彼と共に武泰斗のもとで腕を磨いた武道家。桃白白の実兄であり、天津飯、餃子の師匠でもある。初登場時は302歳で、亀仙人とさほど変わらない歳に描かれている。サングラス、口ひげと短いあごひげが特徴。鶴の頭が付いた帽子をかぶり、左右の髪の毛が逆立っている。陰険な性格(ブルマ曰く「やなジジイ」)だが、身内への情はあり、弟の桃白白が悟空に敗死したことを知った際には怒りを露わにした。戦闘力は120。弟子を連れて、天下一武道会場へ来場した際、同様に弟子を連れてきていた亀仙人と再会、口喧嘩となり、その髪型を「中途半端ハゲ」と揶揄され、鶴仙人は亀仙人を「つるっぱげ」と罵る。そんな犬猿の仲の2人だが、若い頃は共にピッコロ大魔王の軍団と戦い、命と引き換えに大魔王を封印した師・武泰斗の最期も見届けた。ピッコロ大魔王の復活を受けて、餃子は亀仙人らとの会話の中で蘇生させた張本人は鶴仙人かと推測したが、「恐ろしさを完全に知っているから、それはない」と亀仙人からは否定されていた。天津飯は天下一武道会でジャッキー・チュン(亀仙人)と対決した折、「実力は鶴仙人より上」と評している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ピッコロ大魔王

声 – 青野武(元祖、Z、改)、島田敏(ゲーム『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』) 神から分裂した僅かな悪の心が成長した姿。かつて亀仙人と鶴仙人の師、武泰斗の魔封波によって電子ジャーの中に封印され、亀仙人によって電子ジャーごと海溝の底に身を沈められたが、300年後にピラフ一味によって再びこの世に蘇る。ドラゴンボールによって若返り、国王として一時的に世界を支配する。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ピアノ

声 – 平野正人 ピッコロ大魔王が復活して最初に生み出した部下。プテラノドンに似た顔が特徴。戦闘員ではなく、大魔王の側に佇み側近的な役割を担う。戦闘描写がないため実力は不明。 悟空とピッコロ大魔王の死闘の最中、吹き飛ばされた大魔王の体に潰され圧死した。タンバリン、シンバル、ドラム同様エイジ753生まれ。 アニメ『元祖』では、王立防衛軍が撃つ嵐のような銃弾の中すらピッコロ大魔王と一緒に平然と無傷で歩いて、倒れた兵士のヘルメットも食べるように口にくわえてかじった。死後、その亡骸はピッコロ大魔王がフルパワーを発する際の地鳴りで地面が緩くなったことで地中に埋没した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

タンバリン

声 – 中尾隆聖 ピッコロ大魔王に生み出された部下。翼を持つ爬虫類のような人型の魔族。性別はない。年齢は0歳。身長188cm、体重74kg。趣味は殺人。嫌いなものはべつにない。得意技はあらゆる武術。 ピッコロ大魔王にはシンバルよりも数倍強いと評されている。天下一武道会の歴代出場選手殺害を目的に生み出され、クリリンを皮切りに多くの選手を次々に殺害。悟空との戦いでは、悟空が天下一武道会で力を使い切った状態だったために圧勝し、口から出したエネルギー波によって筋斗雲を完全に消滅させる。『元祖』では、舌をロープのようにして相手を捕らえる技や電流を相手に流して感電死させる技も使った。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

未分類

Posted by wpmaster