【マンガ】 ドラゴンボールの登場人物一覧 (キャラクター、声優、性格など)

孫悟空


声 – 野沢雅子本作品の主人公。純粋で心優しい地球育ちのサイヤ人。サイヤ人としての名は「カカロット」。様々な師の下での修行と強敵やライバルとの死闘を経て、最強を求める格闘戦士へと成長していく。多くの仲間にも恵まれ、のちに家庭を持つ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ベジータ



声 – 堀川亮(現:堀川りょう)
サイヤ人の生き残りであり、超エリートに属する惑星ベジータの王子。ナッパとともに地球に襲来し悟空たちと死闘を繰り広げる。初期の頃は残忍で冷酷な性格だったが、悟空やブルマたちに感化され、次第に残忍さは薄れていく。ブルマと結ばれトランクスとブラの父親となる。フリーザ編以降悟空をライバル視している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

孫悟飯


声 – 野沢雅子
孫悟空とチチとの長男および悟天の兄であり、ピッコロを闘いの師匠に持つ、サイヤ人と地球人の混血。悟空不在時には主人公を担う。悟空たちと共に数々の強敵と闘う。ナメック星人の子供・デンデとは親友同士であり、父の親友でもあるクリリンとも仲が良い。潜在能力は高いが、平和的な性格で闘いは好まない。後に学者になり高校時代から付き合いがあったビーデルと結婚し、パンという娘ができる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

トランクス


声 – 草尾毅/ 赤子時代:鶴ひろみ
ベジータとブルマの息子であり、サイヤ人と地球人の混血。作中において、別次元の未来からやって来たトランクスと、現代に住むトランクスが登場しているが、両者は性格が極端に異なる。作者の鳥山は「はっきりいって彼らは別人。人間は育った環境によって変化するよい例です」と語っている。青い瞳と紫の髪は母・ブルマ譲り。
作中では珍しい美少年キャラクターであり、鳥山も「女性層を狙って描いていた」と語っている。事実、未来版のトランクスは女性人気が高く、現代版は少年人気が高かったという。人造人間編の人気投票にて3位にランク入りし、すでに作品から遠ざかっていた魔人ブウ編での人気投票でも3位を維持していた。人造人間編の時期には未来のトランクスを主役とした読み切り漫画『TRUNKS THE STORY -たったひとりの戦士-』が描かれた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

孫悟天

声 – 野沢雅子 孫悟空とチチとの長男および悟天の兄であり、ピッコロを闘いの師匠に持つ、サイヤ人と地球人の混血。悟空不在時には主人公を担う。悟空たちと共に数々の強敵と闘う。ナメック星人の子供・デンデとは親友同士であり、父の親友でもあるクリリンとも仲が良い。潜在能力は高いが、平和的な性格で闘いは好まない。後に学者になり高校時代から付き合いがあったビーデルと結婚し、パンという娘ができる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ピッコロ(マジュニア)


声 – 古川登志夫
ピッコロ大魔王の息子かつ分身にして生まれ変わり。当初は悟空たちと敵対するが、サイヤ人の地球襲来で初めて手を組む。その後、悟飯の師匠となり暮らしていくうちに悪の心が薄れ、悟空たちと共に地球の平和を守るため数々の強敵と闘う。また、ナメック星でネイル、地球で神と融合した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ヤムチャ


声 – 古谷徹
元盗賊。悟空たちと仲間になり、亀仙人に弟子入りしたことで武闘家として成長し、クリリン同様地球人として考えられる次元を超えたトップクラスの実力者となった。戦士の中では悟空の最も古い仲間。ブルマは長年の交際相手だったが破局する。 人造人間編までは参戦していたが、魔人ブウ編以後は前線から退く。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

クリリン

声 – 田中真弓

元は多林寺という拳法の寺で修行していたが、亀仙人に弟子入りした。悟空の兄弟弟子であり親友。鼻がなく、額にある六つの灸の痕が特徴。初登場時はさほどの強さではなく、悪賢い性格だったが、修行を続けることで超人的な強さを体得していくと共に、精神的な面でも成長していった。モテないことが悩みだったが後に18号と結婚する。 人造人間編までは参戦していたが、魔人ブウ編以後は前線から退く。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

天津飯

声 – 鈴置洋孝(元祖、Z、映画第3、6、12作)、山寺宏一(Z82話、84話での代役)、真殿光昭(ゲーム『バーストリミット』、『インフィニットワールド』、『天下一大冒険』)、緑川光(改、超、『レイジングブラスト』以降のゲーム、映画第18 – 19作)鶴仙人の弟子として登場した悟空の初期のライバル。悟空との闘いを経て鶴仙人の弟子を辞めて仲間となる。額の第三の目が特徴。多彩な技や特殊能力の持ち主で、クリリンやヤムチャ同様高度な戦闘力を誇る。彼らと違って修行を一切中断することなく日々続けている。人造人間編までは参戦していたが、魔人ブウ編以後は前線から遠のく。それでも要所要所で活躍する場面もある。実は純粋な地球人ではなく宇宙人・三つ目人の末裔である。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

餃子


声 – 江森浩子 天津飯を兄のように慕う鶴仙流の同門。テレパシーや金縛りなどの強力な超能力が使える。主要戦士よりは非力だが芯が強い。天津飯と共に原作終盤まで修行は続けていたものの、人造人間編以降は天津飯の配慮により参戦する機会はなかった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

亀仙人


声 – 宮内幸平(元祖、Z2話 – 260話、映画第1-12)、佐藤正治(映画第16、18 – 19作、改、超)、増岡弘(Z288話、GT)、愛川欽也(映画第17作)、石森達幸(ゲーム『<アドバンスアドベンチャー』)悟空たち亀仙流の師匠。亀仙人は異名で、かつては武天老師(むてんろうし)の尊称で世界最強と呼ばれた武道家。弟子たちには抜かれつつも本気になった時の最大出力のかめはめ波や肉弾戦などの強さは必ずしもひけをとらない。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

チチ


声 – 荘真由美(元祖、Z1話 – 66話、映画第4 – 6作、ゲーム『ドラゴンボールZ』)、渡辺菜生子(Z88話 – 最終回、GT、改、超、映画第7 – 8、10 – 12、15、18作)亀仙人の弟子である牛魔王の娘。少女期に悟空と会う。後に彼の妻となり、孫悟飯や孫悟天を産む。父親から学んだ亀仙流の技で、天下一武道会予選を勝ち抜くほどの武道の達人。ブルマ同様、怒ると悟空を含む地球の戦士たちも頭が上がらなくなるほど気が強い。子供たちの教育には厳しく、とりわけ悟飯に対しては「武闘家としてではなく学者として立派になってほしい」との願いから教育ママとして振舞うことが多かったが、人造人間編以降は悟飯が戦うことにある程度は理解を示すようになる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

牛魔王(ぎゅうまおう)


声 – 郷里大輔(元祖、Z、改4話 – 18話、映画第4作)、大友龍三郎(改55話 – 159話、映画第18作)フライパン山に住む4メートル強の大男で、亀仙人の2番弟子。かつては、各地から金銀財宝を奪い、自分の城の財宝を狙う者をことごとく殺害。武道界と裏社会でも名が知れており、「悪魔の帝王」と呼ばれ恐れられていた。チチの父親でもあり、彼女を産んですぐに妻が他界したため、男手一つで娘を育てた苦労人の面も持つ。訛りのある言葉で話すのが特徴的。5月6日生まれで血液型O型。ドラゴンボールを探しにフライパン山にきたブルマ一行に自分の財宝を狙ってやって来たと思って襲い掛かるが、悟空の所持品を見てすぐに素性を知り打ち解ける。「悟飯さんの孫なら娘をやってもいい」とまで言い放つ豪放磊落な性格でもある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ヤジロベー

ドラゴンボールZ キャラプッチ ヤジロベー

中古価格
¥1,340から
(2019/5/8 12:16時点)


声 – 田中真弓 元は狩猟生活をしていた日本刀の使い手。少年期の悟空とほぼ互角に闘うほどの武術の達人でもある。小心者で闘いにはあまり参加しないが、サイヤ人編では活躍をみせた。パワーとタフネスぶりはかなりのものである。しかし舞空術は使えない。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

ミスター・サタン


声 – 郷里大輔(Z、GT、映画第12、14 – 15作)、石塚運昇(改、超、ゲーム『タッグバーサス』以降のゲーム、映画第18作)格闘技世界チャンピオンで、セルゲームから登場。一般市民の間では「格闘界の超大天才」や「脅威から世界を救った宇宙最強のヒーロー」と認識されている。地球規模におよぶ知名度を持つ英雄だが、世界的に武道のレベルが大幅に低下した時代での話故に実力は悟空たちに遠く及ばないが、困っている人を放っておけない正義感の持ち主。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンボールの登場人物

未分類

Posted by wpmaster